前3両、分散冷房。

東急に心を奪われ、広島に魂を捧げた撮り鉄の頭の中が垣間見えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

16.4.9 9000系撮影会

160409_9703F
16.4.9 相模大塚にて(1024*768に拡大可)

 昨年度は相鉄線に乗る機会が多くありました。東急との合同スタンプラリー以来、久々に乗ってみるとこれがなかなか趣深く、今日の撮影会を機に初めて相鉄線にカメラを向けました。
 撮影会の目玉こと9703Fは深みのある塗装が光沢を放ち、座席の座り心地も良く内外装ともに見事な車でした。視認性を考えると前面に白線の1本でもあっていいように思いますが、とまれ直通先でもその個性を十二分に示してくれることでしょう。
  1. 2016/04/09(土) 22:28:56|
  2. 相鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

16.3.27 下関総合車両所

160327_shimonoseki1
16.3.27 下関総合車両所にて(敷地外より撮影、1024*768に拡大可) P01編成、N05編成、K07+K08編成

 ダイヤ改正の翌日、下関総合車両所を見に行きました。構内ではただ入区しただけの編成が入り交じるので、運用を離脱した編成を特定することは困難ですが、K07〜K14編成(K07+K08、K11+K13、K14+K09、K10+K12)を目視できました。残る編成については3月26日にK02〜K06編成の広島口での運用入り、3月27日にK01編成の広島支所留置を確認しています。
 下関口のP編成はP01、P03、P14編成の3本が活躍していましたが、うちP03・P14編成が広島口に戻っています。
  1. 2016/04/06(水) 22:51:11|
  2. 広島支社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9005F・9001F、前照灯LED化

 9005F・9001Fが、前照灯をLEDに換装して運用に入っています。いずれもここ数日で急激に起こった変化で、いよいよLED前照灯が本格採用に至ったのでしょうか。
160224_9005F
160224_9001F
いずれも16.2.24 緑が丘駅にて(800*600に拡大可)
  1. 2016/02/24(水) 18:58:11|
  2. 東急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

16.1.26 5000系サハ甲種輸送

160126_ 5516-5416-5816-5515-5415-5815
16.1.26 神武寺駅にて(800*600に拡大可)
 1月26日、5115F・5116Fの4扉サハ6両がお目見えしました。新しい編成から中間車を差し替えていく様はE231系500番代を彷彿とさせます。この数日前には長津田から総合車輛製作所へ6扉車が送られており、どのような形で生まれ変わるかが気になるところです。
  1. 2016/01/30(土) 22:02:45|
  2. 東急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

15.2.28 大井川鐵道7200系撮影・見学会

150228_7305and7204
15.2.28 千頭にて(1024*768に拡大可)

 2月28日に開催された、大井川鐵道の7200系撮影・見学会に参加してきました。
 十和田観光電鉄時代は営業中・廃線後とも訪問が叶わなかったため、彼らとは目蒲線時代以来の再会でした。運転台のスイッチやハンドルを眺めていると、かつて目蒲線で編成中間に入った運転台を夢中で見ていた頃が思い出されました。まあそれは置いておいて。

 大井川鐵道ウェブサイトの記述によれば、今後は単行運転も計画されている由。しかし撮影会中にはデハ7305のバッテリが上がって自走不能になり、たまたま居合わせたC11190によってデハ7204に連結され漸く運転準備を整える場面も。電車といえど偶発的な故障はするものですが、この冗長性のなさが今後の活躍に影を落とさないことを願います。
  1. 2015/03/04(水) 00:05:36|
  2. 大井川鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。