前3両、分散冷房。

東急に心を奪われ、広島に魂を捧げた撮り鉄の頭の中が垣間見えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最初の一枚

 先日入手したカメラ、X-S1の慣らし撮影に出向きました。今まで使っていたS6000fdは五年前の代物なので、X-S1の液晶画面のきめ細かさや画像のノイズの少なさには隔世の感があります。これは私がX-S1で最初に撮った写真ですが、ISO800・シャッター速度1/200秒・絞り5.6(この他にも設定項目はあります)でこんな具合に。低速シャッターゆえブレてしまっていますが、S6000fdに比べると同じISO感度でもノイズが格段に減っている気がします。120730_9006F
12.7.30 緑が丘にて(クリックで800*600に拡大可)

 AFマニュアルモードにおけるシャッタースピード・絞りの設定方法が、S6000fdでは十字ボタンの上下で数値変更、別のボタンを押しながらの操作で絞りを調節だったのに対し、X-S1ではダイヤルを左右に回して数値変更、別のボタンを押しながらの操作でシャッタースピード・絞りの選択、という違いがあります。これで当初は少し戸惑いましたが、慣れればどうということはないでしょう。
 一日使った上でのX-S1の感想は、「起動が速く、操作がしやすく、望遠に強い良いカメラ」。このカメラが工場の偵察や夜間撮影でどれほどの威力を発揮するか、今から楽しみです。
 
スポンサーサイト
  1. 2012/07/30(月) 17:46:23|
  2. 東急
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toyoshima103.blog82.fc2.com/tb.php/478-6168f074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。