前3両、分散冷房。

東急に心を奪われ、広島に魂を捧げた撮り鉄の頭の中が垣間見えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

五月五日

 この日は朝に竹原駅近くで呉線を撮った後、東京への帰路に就きました。ほとんど一気に乗り継いでいきましたが、一ヶ所だけ寄り道をしていきました。三日に通り過ぎたとき、気になる車両の影を見た気がした岡山電車区です。
DSCF9094.jpg
11.5.5 岡山電車区にて(敷地外より)
 2010年元日に福知山を訪れたときは、あいにく出会えなかったS33編成。思わぬところで目にすることができました。ネットの情報で「岡山に回送された」とは知っていましたが、まだ残っているとは思わなかったのでとても嬉しくなりました。
 岡山駅に着いてみると、新幹線乗り場はかなり混んでいました。旅の計画段階ではすっかり忘れていましたが、大型連休のUターンラッシュに真っ向から飛び込んでしまったのです(気付いたのは四日の夜でした)。そこで、時間がかかることは承知で岡山始発の300系「ひかり」を選択。果たして入線したのは西日本のF編成で、定評のある独特の走りを新横浜まで堪能しました。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/29(日) 22:32:37|
  2. 2011年大型連休
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五月四日

 もう五月も末に近づきましたが、まだ終わっていなかった連休の話の続きを。
 この日は大崎下島の御手洗にある街並み保存地区と、歴史の見える丘公園を回りました。大崎下島はみかんの名産地ですが、その花を見るには少し訪ねる時期が早かったようです。それでもフライング気味に咲いた花がいくつかあったらしく、この島や豊島を歩いているとほのかな香りが漂ってきました。今度は花が満開になる頃か、実が段々畑一面に実る頃に来てみたいところです。
 午後の船で竹原に渡り、竹まつりを見物しました。人が多かったので、竹原の街並みはあまり写していません。三月に訪れたとき街並み保存地区の建物は殆ど全て見ていましたが、今回は特別に公開されていた春風亭・復古館の中を初めて見ることができました。
DSCF9035n.jpg
11.5.4撮影 御手洗・街並み保存地区
  1. 2011/05/22(日) 15:54:54|
  2. 2011年大型連休
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五月三日(その2)

 その道は「内浦線」という林道でした。ところが行けども行けども展望台には着かず、そのうち山頂を目指すはずの道が下り坂になりました。看板が二つある分岐点を過ぎてからはずっと一本道だったので道を間違えてはいないはずなのですが、どうしても不安が拭えず、結局先ほどの分岐点まで戻ってもう一方の道に進みました。
 今度はずっと上り坂で、しばらく歩くと「←十文字山展望台」「空海展望台→」という看板が立つT字路に出ました。そこで突き当たった道路の名前は、これまたそこに立っていた看板によると「林道 内浦線」。つまりは、ついさっき途中まで進んで引き返した道です。どうやら展望台への経路として、自動車でも楽に通れる林道と、車で通るには少々狭いものの徒歩なら難なく通れる道の二通りを設定してあるようです。
 その後は看板の指示に従ってまた少し坂道を上り、やっとのことで十文字山展望台に着きました。雲が低く垂れこめていてそれほど遠くまでは見渡せませんでしたが、近くの島々を眺めることはできました。道中のハプニングともども、いい思い出になっています。
DSCF8979.jpg
11.5.3撮影 十文字山展望台
  1. 2011/05/10(火) 22:18:12|
  2. 2011年大型連休
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五月三日(その1)

 三日はまず中庄で列車を撮影し、しばらく後に山陽本線と呉線を乗り継いで竹原へ向かいました。竹原では三日から「竹まつり」が始まっていましたが、今回は先に島を見てくる予定だったのでひとまず素通りし、竹原港から船で大崎下島へ渡りました。そして上陸したのが大長(おおちょう)港です。
DSCF8950.jpg
11.5.3撮影 大長港桟橋
 大崎下島に行こうと思った理由はいくつかあります。それは「たまゆら」の中で島の名前が出てきたこと、町並み保存地区と展望台があること、これまた「たまゆら」で登場した豊島の十文字山展望台が近いことです。その日は十文字山天文台へ行くことにしていたので、少々雲行きが怪しかったもののバスで隣の豊島へ。
 「豊浜支所」バス停で下車し、近くの建物に貼ってあった簡単な地図を頼りにとりあえず南へ歩きました。何とも無謀ですが、市販の地図では島の細い道路まで網羅したものがなかなかないので地図を持たずに出発していたのです。しかししばらくすると案内板が見つかったので、以降は分岐点に差しかかると現れる看板を頼りに山を登っていきました。
 さらに進んでいくと、二又の分岐点に出ました。困ったことにそこには看板が二つ立っていて、二本の道をそれぞれ「←展望台」「展望台→」と示しています。どうしたものか…としばし考えたあげく、新しい方の看板が示す道を選んで再び歩き始めました。
DSCF8968.jpg
11.5.3 二つの看板があった分岐点を通過後に撮影

つづく
  1. 2011/05/09(月) 22:47:02|
  2. 2011年大型連休
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

五月一日・二日

 出発は五月一日、午前中「COMIC1」へ買い物に行った後一度家へ帰り、荷物を持ちかえて新幹線に飛び乗りました。その日はほぼ移動のみで、他にしたことと言えば大阪のGMストアを覗いたことくらいです。そこにも東急1000系の配管付き屋根はありませんでした。
 翌日は始発で美章園に降り、日中の鳳折り返し便が一巡する午後一時台まで入場券を買い替えつつ撮影して離脱、岡山まで下って宿を取り一日を終えました。
DSCF8734.jpg
11.5.2 美章園にて
  1. 2011/05/07(土) 22:48:49|
  2. 2011年大型連休
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。